末期がんを治療する方法はある|諦めずに続ける事が重要です

ドクター

医師との出会いが重要

病棟

専門家であるかが重要

免疫療法はがん細胞を自己の力で消滅させるためのやり方になります。ただ、放射線や抗がん剤治療を主に行なってきた中で免疫細胞治療はまだ認知度が低めです。歴史も大変浅く、専門とする医師も少ない状況であるため免疫細胞治療をする時は医師がそれに精通しているかを重点に探します。ところが、免疫学に基づくがん治療において、一部の医師がほぼ素人であるにも関わらず免疫細胞治療に関する治療を導入していることが判明しました。免疫細胞治療に関する知識がとぼしいと、がん治療で大きな成果を出すのは非常にきびしいです。家族や患者本人も一筋の光を求めてこの治療を選びますから、医師選びは慎重に行なう必要があります。

医師がカウンセリングをしてくれるか

免疫細胞治療を開始する患者は、これまでのがん治療に成果を見出せていません。だから免疫細胞治療に足を止めます。それについてしっかりと耳を傾ける医師はとても高く評価することができます。また、絶望的な気分になったり不安な気持ちが勝ったりすると、医師のかける言葉が重要になるので親身になってカウンセリングをしてくれる医師の存在が重要になるでしょう。免疫細胞治療をする病院では、無料で相談を受け付けていたり免疫に関する治療のセミナーをしたりしています。これらに参加をするとより知識が深まりますし、治療を前向きに考えられます。そして医師の人柄も重要になるでしょう。どのような質問にも面倒な態度をとらずしっかりと答えてくれるのはどんな治療においても懸命に取り掛かってくれます。