末期がんを治療する方法はある|諦めずに続ける事が重要です

ドクター

基本情報と検査内容

医者

油断は大敵

四番目に患者の数が多い肝臓がんは、1990年代をピークに年々減少傾向にあります。この減少に伴い、肝臓がんによる死亡率も下がっているのは喜ばしいでしょう。これもがん治療の質が上がったことが関係していますがそれで年間30万人の人が肝臓がんで命を落としています。症状としてはまず脂肪肝と肝炎、肝硬変の疾患です。脂肪肝に関しては普段の食生活が大いに関わっているため普段から偏った生活をしている人は油断大敵でしょう。ある日突然発症するものではないため、少なくとも早期発見ができればいいですが先ほど挙げた疾患を経てからの肝臓がん発症なので病をすでに抱えている場合は率先して治療に取り組むことが大切です。

がんになる原因

肝臓がんの初期は脂肪肝と肝硬変の二つが深く関わっています。また、適切な治療をこの時点で行なわないとがん化する可能性が極めて高くなるので、疾患をすでにもっている場合は検査を毎年受けることが重要でしょう。最近は脂肪肝や肝硬変の治療も質が向上してきているため、肝臓がんになる前に阻止することも可能です。ちなみに、肝臓に何らかの異常が見つかった時は医師による治療計画がたてられます。それに従い治療を進めていくと、次第に症状も収まってきますから余計な心配は無用でしょう。

がんを見つけるための券さ

胃や腸と違い、肝臓がんは中身のある臓器になるため目視検査で見つけることが困難な状況です。そのため、異常を感知するためには血液検査を使うのが普通になっています。肝臓の細胞が壊れると、血液中に存在する酸素の量が増えるのでこれだけでも肝臓がんを疑うことが出来るでしょう。また、腫瘍マーカーを使った検査でも見落とすことなく肝臓がんを見つけることができます。他にも画像を使った検査方法もあり、発見が困難だという状況ではなくなってきています。